スマホをwifi接続するメリット

データ容量を消費しない

スマホをwifiに接続するメリットとして、キャリア回線の使用可能なデータ容量を消費しないことが挙げられます。キャリア回線というのは、4G回線などのwifiに接続していないときでも使用できる携帯会社が提供している回線のこと。この回線は契約しているキャリアプランで通信できるデータ容量の上限が決まっており、その上限を超えてしまうと3G回線など通信速度の遅い回線に切り替わります。インターネットで動画などを閲覧しているとすぐに容量を超えるので、非常に不便です。wifiは携帯会社の提供しているキャリア回線とは違うため、wifi接続でインターネットを利用すればデータ容量は消費されません。家でゆっくり動画などを見る方は、wifi接続で見るのがおすすめです。

より強度な通信を確保できる

wifi接続はデータ容量を消費しないだけでなく、通信強度も高いです。携帯会社が提供しているキャリア回線の欠点は、環境によって通信が安定しないこと。データ容量を消費する4G回線であれば通信速度はwifiとほとんど変わりませんが、人混みや公共機関の中だとデータのアップロードやダウンロードにどうしても時間がかかってしまいます。wifiの場合はキャリア回線に比べて対応できる範囲は狭い分、強度が高く混雑した場所であっても通信効率が落ちることはほとんどありません。動画を視聴する際には多くのデータを一時的にダウンロードしますが、その際もキャリア回線と比べて快適に読み込めるようになるため、外出先で頻繁にインターネットを利用する場合にwifi接続は向いています。