ノートパソコンをwifi接続するメリット

自宅の中を自由に移動して使える

ノートパソコンはサブ機として使われることが少なくありません。たとえば、自宅で主に使うのはデスクトップパソコンだけど、簡単な作業を好きな場所ですぐに行いたいときだけノートパソコンを使うといった形です。そういった使い方をするのであれば、ノートパソコンはいつでもどこでも使えるような状態にしておいた方がいいので、LANケーブルを使ってネットに接続するよりも、wifi接続でネットを使えるようにしておいた方がいいでしょう。ケーブルをつないでしまうと限られた場所にしか持って行けなくなるからです。wifiでネットにつないでいれば、二階にある自分の部屋から一階のリビングに持っていって、そこでネットサービスを利用した作業を行うといったことも簡単にできます。

ブロードバンドルーターのLANポートを塞がずに済む

ノートパソコンをwifi接続するメリットはほかにもあります。ルーターのLANポートを塞がずに済むという点です。家庭で利用されるブロードバンドルーターの場合、LANポートはだいたい四つあります。それに対して、パソコンだけではなくテレビやハードディスクレコーダーなど、ネットに接続できる端末は増える一方なので、四つのポートなどすぐに塞がってしまうこともあるでしょう。したがって、できるだけ有線のLANポートを空けておきたいのであれば、ノートパソコンのようにwifi接続できる端末はLANケーブルを利用しない方がいいのです。wifi接続だとLANケーブルを使った接続に比べて速度的に劣るのではと不安に思う人もいるかもしれませんが、新しい規格が使える最新のwifiルーターであれば、有線LANに近い速度が出ます。